Culture

【海外動画】内向的な人の秘めたる力(英語リスニング学習)

(2020.9.26)

記事の概要
・イギリスBBCの「内向的な人の秘めたる力」に関する動画を通して英語のリスニング、単語学習をします。
動画の概要(ほぼ全訳)と難解な単語を解説します。
・今どきの言葉で言うと「陰キャラ」の、海外の真面目な分析に触れられます。英語を学習していない方でも、日本語の概要が興味深い内容かと思います。

1.はじめに

「陽キャラ」とか「陰キャラ」という言葉が使われ始めたのはいつからでしょうか。今回ご紹介する動画は陰キャの方の特性に光を当てた内容になります。かく言う私も内向的な人間ですので、今回の動画に興味を持ちました。
早速貼り付けます。予備知識無しでも英語が理解出来る方や、聞き取りにチャレンジしたい方は早速ご覧ください。

BBC Ideasのチャンネルページはこちらです。
次章で概要(ほぼ全訳)と難解な単語をまとめますので、頭に入れてからチャレンジしてみましょう。

2.動画の概要(ほぼ全訳)

※内向的な人が自らの事について独白で語る形式の動画です。

私は内向的な人間で、それ(内向的である自分の性格)を気に入っています。そして私は孤独ではありません。
内向的な人はどこにでもいます。(内向的な人たちの)静かな生き方を志向している事、孤独な時間を必要とする特性は欠点ではありません、神様から恵まれた才能です。
しかし、内向的な性格の人は自分の素晴らしさに気が付きづらいものです。世界は活発な(外向的な)人のためにあるかの様に感じてしまいます。騒がしい事(にぎやかな事)や声が大きい事=(イコール)自信があって幸せである事、と勘違いされがちなのです。
そんな世界では、誰もが言いたい事を言いますが、誰もその人の話を聞いていないものです。例えば、仕切りのないオープンオフィスや社交目的のパーティ、個性の強い人たちの世界です。おだやかにしゃべる人たちにとっては、その様な場では取り残された感じになってしまいます。

子供の頃私はまるで景色と同化している様でした。まわりのみんなは私の事を無口な子、もしくは単にみんなの事が嫌いなんだと思われていました。しかしそうではないんです。内向的な人はシャイとか付き合いが悪いと思われがちですが、誤解です。
内向的な人は、他の皆と同じで、人づきあいを楽しむ事が出来ます。社交的な人はパーティ中ずっと元気です。しかし内向的な人はしばらくすると(元気のエネルギーを)充電する必要があるのです…誰もいない場所で

これには科学的根拠となる理論があります。人間の脳内には2つの重要な物質があります。それはドーパミンアセチルコリンです。
ドーパミンは、危機を感じた時や新しい人に会った時に分泌されるエネルギーの塊(衝撃)の様なもので、社交的な人を良い気分にさせます。しかし内向的な人はドーパミンに対して敏感で、刺激が強すぎるのです。内向的な人はじわじわとこみあげる喜びの感情を好むのです。そういう時、脳からはアセチルコリンが分泌されます。
アセチルコリンが分泌されるのは、何かに集中している時や読書、思索にふけっている時などです。内向的な人はそういう時にリラックスでき、活発になり、満足感を得るのです。
しかしそれは、社交的な人に大して印象を与えません。
もちろんこの様な事は、他のどんな事でも同じですが、個人差があります。どちらかに偏るでしょうし、(社交的・内向的)両方の特徴がある人(両行性格者)もいるかもしれません。

こうして自分の事を良く理解すると、ありのままの自分に深く感謝する様になれます。ちょっとした日常の(どうでもいい)会話ですき間を埋めるのではなく、ゆっくりと話を聞きます。そして、大事なことだけを話します。友達は少ないですが、その代わりにつながりが深いです。

私は一人で過ごす時間が大好きです。一人で過ごす時間は、一日過ごして混沌とした頭の中を整理する時間です。自分の思考を映し出し、耳を傾け、ゆっくりと自らを再構築するのです。その時間があって初めて、私は外の世界に戻る準備が出来るのです。

私はこの騒がしい世界で快適に生きていく方法を学びました-音楽を聴いて幸福感を作り出す事-ランチタイムに静かな公園に行く事。この世界が生み出す強さ、混沌とした美しさを素晴らしいと感じています。しかし、本当に心が休まるのは静かな場所です。

内向的な性質が社会でもっと評価されれば、(人類という共同体の)未来はまったく違ったものになっていくでしょう。内向的な人のユニークな特性は、静かな内なる強さを宿しています。ガンジーのことばにある様に、「世界は、穏やかなやり方で変えていく事が出来る」のです。
(→1章へ戻って動画を見る)

・難解単語の意味

introvert:内向的な人(名詞)
solitary:孤独の、一人の
flaw:欠点
extrovert:明るく活動的な人、社交的な人(introvertの反対語)
blend into the background:背景に溶け込む
※影の薄い人の事を「景色と同化している」と例えるニュアンスに近い。
antisocial:人づきあいが悪い
misconception:誤解
acetylcholine:アセチルコリン
stimulate:刺激を与える
slow-burn:じわじわと湧き上がってくる
(怒りの感情に対して使われる事が多い様ですが、動画内ではゆっくりこみあげる喜びの感情の意味で使われています。)
alert:(知的に)活発な
※珍しい使い方だと思います。
barely:かろうじて、わずかに
register with:印象を残す(与える)
ambivert:(心理学用語で)両向性格者
chaos:混沌、カオス(発音はケイオス)
grateful:感謝して
collective:集団全体の、共同の、集団的な
attribute:特性、特質
shake the world:世界を揺るがす(動かす)

3.字幕付きで動画を見てみましょう

上記の内容を頭に入れたら、字幕付きで動画を見てみましょう。
動画内のキーボードの様なマークをクリックすれば英語字幕を表示させる事が出来ます。(→1章へ戻って動画を見る)
予備知識なしで見た時よりも、意味が推測出来たり、単語が入ってきて聞き取れたりして理解でき、楽しめると思います

4.感想~かわいいどうぶつ達も登場します

他人との協調性は日本の社会ではとても重要視される要素かと思います。いわゆるコミュニケーション能力は日本の社会で最重要視される項目と言っても過言ではないかも知れません。内向的な性格だと、社会のはみ出し者みたいな扱いになりがちで、居心地が悪い思いをしてしまう事が多いかも知れません。
今回の動画は、自分も含め、内向的な性格の人にとってとても意義のある内容だったかと思います。悩んでいるのが自分だけではない事が分かりますし、的確な分析によって自分の特性を理解できます。それによって少しでも自分自身を受け入れて、自己肯定感を上げる事が出来ればとても良い事だと思います。
(→1章へ戻って動画を見る)

ペンペン
ペンペン
ぼくもどちらかといえば内向的な性格だと思います。introvertです。みんなとあそぶ時間はもちろん楽しいけれど、ひとりでゆっくりと過ごす「充電」の時間も大切です。
コンコン
コンコン
ぼくはextrovertだなぁ。今回の動画で内向的な人のきもちも分かったきがするよ。勉強になってたのしかったな。
アザラシさん
アザラシさん
内向的なひと、社交的なひと、どちらにも素晴らしい特性があるんだ。動画にあった様に、どちらのひとも生きやすい世の中になれば、きっと将来すばらしい世界になっていくのでしょうね。

おわり

※英語の学習を始めるなら、「スタディサプリ 新日常英会話コース」!テレビCMで有名なあの「スタサプ」アプリです。1回最短3分から、すき間時間にスマホで無理なく英語学習ができます。海外旅行や道案内など、ちょっとした場面で何かと必要な英語力の基礎が身に付くおすすめアプリです!
以下から詳細確認、お申込みが可能です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です