World

【英語記事】日本の精神世界に触れる旅(和歌山)(訪日外国人)

(2020.11.1)

記事の概要
和歌山県の熊野三山や温泉などの、観光をすすめる海外の記事を要約しました。
外国人観光客の方がどういった旅を好むのかが分かります。
・GoToトラベルを利用しての旅行にも、うってつけのプランではないかと思います。

1.はじめに

コンコン
コンコン
わーい!旅行行くの?
アザラシさん
アザラシさん
うん、和歌山県へ日本のこころにふれる旅に出ましょう。
ペンペン
ペンペン
熊野古道や温泉、旅館…とってもたのしみです。

本記事では、BBC travelの記事より、「48 Hours in Japan’s Spiritual Heartland~Wakayama Prefecture(日本の精神性の真髄に触れる48時間の小旅行~和歌山県にて)」を取り上げます。
和歌山県の熊野の旅を通して日本人の精神世界の神髄に触れます。現在はパンデミックで海外からの旅行客はいないかと思いますが、この記事を読めば、外国人観光客がどんな旅を好むのかが分かると思いますので、将来的に外国人の旅行アレンジをすることになっても困らずに済むのではないかと存じます。
そうでなくとも、GoToトラベルを利用した国内旅行としても、素晴らしいプランになっていると思います。
次章にて、本文を引用→日本語訳→難解単語対訳、の手順で書いていきます。
英語学習にもぜひお役立て下さい。

2.記事の概要

出典:BBC travel-48 Hours in Japan’s Spiritual Heartland~Wakayama Prefecture

In light of the global pandemic, the recommendations in this article are to consider for future trips to Japan.
Take a journey to World Heritage shrines, stunning mountains and coastline, relaxing hot springs and more in Wakayama Prefecture
The three grand shrines that form the Kumano Sanzan in Wakayama Prefecture’s Kii Peninsula have been a destination for pilgrims for more than 1000 years.

For those who make the trip, it’s a chance to experience Japan’s ancient spirituality, not to mention soaking in natural hot-spring baths, connecting with nature and experiencing meeting local artisans. Here’s how to do it in two days:

「日本の精神性の真髄に触れる48時間の小旅行~和歌山県にて」

世界的なパンデミックを考慮すれば、この記事でおすすめするスポットは、将来的に日本を旅行する際の検討材料になるでしょう和歌山県の世界遺産のお寺やすばらしい山や海岸線、疲れを癒してくれる温泉へ旅をしましょう。紀伊半島の熊野三山にある3つの大社は、100年以上にわたって巡礼者たちの目的地であり続けています。(この地を)旅をする人たちにとって、(その時間は)日本古来の精神性にふれる良い機会です-天然の温泉につかったり、自然に触れたり、その土地の職人に会ったりすることは言うまでもありませんね。2日間で満喫するコースをご紹介します。

heartland:中心地域
in light of:~を考慮すれば
stunning:すてきな、すばらしい
coastline:海岸線
Peninsula :半島
grand shrine:大社
pilgrim :巡礼者、霊場参拝者
soak :浸す、つける
artisan :職人

・1日目~熊野本宮大社に参拝

Day 1
Visit Kumano Hongu Taisha

Start with Kumano Hongu Taisha, the head of about 3000 Kumano shrines around Japan and the point where Kumano Kodo’s ancient trails converge.

The grand shrine feels worlds away from the hustle of Osaka, 150km to the north, yet it’s not a long trip. If you are coming via Osaka or Kyoto, take the Kuroshio express train to Kii-Tanabe in Wakayama; it’s two hours, 10 minutes from Shin-Osaka (departing almost hourly) and two hours, 40 minutes from Kyoto (departing once a day, at 5.47pm). From Kii-Tanabe, buses run almost every hour across the Kii Peninsula to Hongu, taking 90 minutes to two hours, depending on the service. If you are planning to fly from Tokyo or elsewhere, you could also get to Kii-Tanabe via Kansai International Airport or Wakayama’s Nanki-Shirahama Airport.

・1日目~熊野本宮大社に参拝
まず参拝する熊野本宮大社は、日本に約3,000ある熊野神社の総本宮であり、熊野古道の古来の巡礼路の収束地点です。

大社にいると、(150キロ北に位置する)大阪の喧騒とは別世界の様に感じます(しかし、大阪からそう遠くはありません)。もし大阪や京都から参拝するのであれば、特急列車くろしおに乗って紀伊田辺まで行きましょう。新大阪から2時間10分(ほぼ毎時間電車あり)、京都から2時間40分(午後5時47分に1日1本)かかります。
紀伊田辺からはバスが毎時間出ています。およそ90分から2時間で紀伊半島から本宮へ行く事ができます。もし東京や他の場所から飛行機で行くのなら、関空経由か和歌山の南紀白浜空港経由で紀伊田辺へ行く事ができます。

converge:収束する

・あなただけの和紙製作

Make your own washi paper

If you want to create your own souvenir from the Hongu Taisha, stop off beforehand at the Otonashi washi workshop (a short walk from the grand shrine) to make traditional handmade paper called washi. Guided by expert washi makers, the workshop takes 20 to 30 minutes and once you’ve finished you can take the sheet of paper to be stamped with a sacred seal at the grand shrine.

・あなただけの和紙製作
熊野本宮大社であなただけのお土産をつくりたいのなら、「熊野和紙体験工房 おとなし」に立ち寄りましょう。大社からは歩いてすぐの場所で、和紙と呼ばれる伝統的な紙を手作りできます。和紙職人の指導を受けながらのワークショップは20~30分で終わります。完成した和紙は、持ち帰って大社の御朱印を頂くことができます

stop off:途中下車する、立ち寄る

・湯の峰温泉

Yunomine Onsen

Back on the bus from Kumano Hongu Taisha, it’s only 10 to 20 minutes to two small onsen (hot spring) hamlets. The first, one stop from Kumano Hongu Taisha, is Yunomine Onsen, set in a lush valley deep in the mountains.

Among the public bathing options in Yunomine today, the Tsuboyu bath is quite unlike the typical onsen you find around Japan. This private, stone-lined bath, which is housed in a small cabin by the creek that runs through Yunomine Onsen, can only fit two to three people (it can be booked for half an hour), but because of its age and historical significance it is registered as a UNESCO World Heritage.

・湯の峰温泉
熊野本宮大社からまたバスに乗り、10~20分ほどで2つの小さな温泉のある村落にたどり着きます。1つ目は湯の峰温泉で、熊野本宮大社から1ストップです。山深く緑豊かな谷に位置しています。
湯の峰温泉での大衆温泉的入浴体験の中でも、「つぼ湯」では日本の普通の温泉とは全く異なる体験ができます。この、プライベート空間の石造りの温泉は湯の峰温泉が連なる入り江沿いの小さな小屋の中にあり、2~3名のみで入るのに適しています(予約制で30分入れます)。その歴史的重要性から、ユネスコの世界遺産に登録されています。

hamlet:村落
lush:緑豊かな
cabin:小屋
creek:小川、入り江
significance:重要性

・川湯温泉

Kawayu Onsen

Roughly 10 minutes by bus from Yunomine, you’ll find Kawayu Onsen located on the Oto-gawa River. In winter, Kawayu is most famous for its Sennin-buro River Bath (thousand-people bath), a dammed section of the river where hot-spring water gurgles to the surface. In a world before social distancing, you might well have been able to fit close to 1000 bathers in here, but nowadays the Sennin-buro is ideal for a public soak far apart from fellow bathers.

・川湯温泉
湯の峰からバスで約10分で、音川沿いにある川湯温泉に到着します。冬になると川湯温泉では「仙人風呂」が名物です。川のせき止められた場所に、温泉の湯が流れ出しているのです。ソーシャルディスタンス以前の世界では、ここに千人もの入浴客と一緒になったでしょうが、今日では仙人風呂は仲間と距離をとってつかるのに理想的な温泉となっています。

gurgle:どくどく流れる

・旅館に宿泊する

Stay at a ryokan

Besides bathing, both Kawayu and Yunomine also have a collection of traditional ryokan inns and family-run minshuku guesthouses that make the villages a peaceful place to stop for the night. All have their own hot-spring baths for guests, serve fresh local cuisine such as salt-grilled ayu (sweetfish) and offer the opportunity to enjoy an evening relaxing in tatami-mat guestrooms, while the clear, countryside air means you can step outside at night for a spot of stargazing.

・旅館に宿泊する
温泉入浴に加えて、川湯と湯の峰には歴史のある旅館や家族経営の民宿がたくさんあります。そのおかげで村で幸せに一晩過ごすことができるのです。それらのすべてが宿泊客向けの温泉つきで、おいしい新鮮なご当地グルメ(鮎の塩焼きなど)を提供します。また、畳の部屋でリラックスして過ごせますし、外に出れば田舎の澄んだ空気があなたに素晴らしい星空を見せるでしょう。

stargazing:天体観測

・2日目~熊野川舟下りツアーに参加して熊野速玉大社へ

Day 2
Kumano-gawa River Boat Tour to Kumano Hayatama Taisha

In the morning, retrace part of the journey pilgrims once would have taken, with a 90-minute boat trip (starting at 10am) down the Kumano-gawa River from Hongu Taisha to the second of three grand shrines, Kumano Hayatama Taisha, located in the seaside town of Shingu.

After the boat trip, you won’t need more than an hour at Hayatama Taisha, but in that time you can get a real sense of how Shintoism, Japan’s indigenous religion, reveres nature, with a collection of natural monuments on the grand shrine’s grounds

If you want to see one of the region’s most spectacular events, each year on February 6 the Oto Matsuri fire festival features mass purifying rituals in the ocean followed by a fiery night-time procession of torches.

・2日目~熊野川舟下りツアーに参加して熊野速玉大社へ
朝は、かつて巡礼者が旅したであろう場所をたどりましょう。10時から始まる90分のボートの旅で熊野川を下り、本宮大社から2つ目の大社である熊野速玉大社へ行きます。新宮という海沿いの町です。

ボートの旅を終えたら、1時間足らずで速玉大社へ着きますが、その時にはもう日本に土着の神道の何たるかが分かるでしょう。大社を産み出した土地に根付く天然のモニュメントを携える自然崇拝のこころです。

もしこの地方の最も壮観なイベントを見たいなら、毎年2月6日に行われるお燈まつりがおすすめです。海で大規模な清めの儀式を行った後、夜には松明を持った行列の大行進が行われます。

retrace:たどる
indigenous:土着の
revere:崇拝する
spectacular:壮観な
mass:大規模な
purify:浄化する
ritual:儀式
fiery:燃える様な
procession:行列

・熊野那智大社と那智の滝にて旅のしめくくり

Finish with Kumano Nachi Taisha and Nachi Waterfall

From Shingu, there are regular bus and train connections down the coast to Kii-Katsuura (details of all the area’s bus routes are here), where you can take another bus (25 minutes) to the third of the grand shrines, Kumano Nachi Taisha. As with the Hongu area, Nachi is more than just a shrine visit, as you’ll discover if you get off at the Daimon-zaka bus stop and allow yourself a couple of hours of gentle strolling – starting with a walk up the cobblestone Daimon-zaka slope, a part of the Kumano Kodo that passes through towering Japanese cedars, camphor trees and bamboo groves.

It’s an aesthetic continued at the connected Nachisan Seiganto-ji Temple whose three-tiered pagoda creates a photogenic contrast with the 133m Nachi Waterfall as its backdrop – a classic Wakayama view with which to end a laidback mini pilgrimage to the Kumano Sanzan.

・熊野那智大社と那智の滝にて旅のしめくくり
新宮からは紀伊勝浦までバスと電車が定期的に出ており、そこからまたバスに乗って25分で、3つ目の大社である熊野那智大社を目指します。本宮エリアと同様に、那智は単なる神社参拝以上のものがあります。大門坂バス停で降りて軽く散策し始めると分かると思います。熊野古道の一部である大門坂の石畳は日本の杉の木、クスノキ、竹林に包まれています。
(熊野那智大社の)美しさは、那智山 青岸渡寺にまで連なっています。那智山 青岸渡寺は三重塔で、133メートルの那智の滝を背景にしたフォトジェニックな対比を生み出しています。この古来の和歌山の風景が、熊野三山のリラックスした小さな巡礼旅の終わりを演出します。

as with:と同様に
gentle:軽い
strolling:散策
cobblestone:石畳、玉石
cedar:杉
camphor tree:クスノキ
grove:小さい森
aesthetic:(芸術的な)美の
tiered:段、層
pagoda:塔
backdrop:背景
contrast:対比
laidback:くつろいだ、リラックスした

・もっと時間があるなら…

If you have more time…

From Nachi Taisha, head back to Kii-Katsuura and you can take the Kuroshio express train to Osaka (four hours), Kii-Tanabe (two hours) or the Nanki Wide View express train to Nagoya (four hours). Alternatively, consider staying in Wakayama a day or two longer. There’s plenty to do in Tanabe City, Wakayama City and other parts of the prefecture, and plenty of specialist travel agencies and guide groups who can help non-Japanese speakers experience the best Wakayama has to offer.

A longer Kumano Kodo hike, a stay overnight at a temple in sacred Koyasan or trying traditional log rafting
Alternatively, visit the southern tip of Wakayama for sea kayaking and other water sports or gear up for a cycling tour.

From outdoor activities to World Heritage shrines to natural hot-spring baths, Wakayama has all that and much more to offer, and wherever you are in Japan, it’s all just a short trip away.

・もっと時間があるなら…
那智大社から紀伊勝浦まで戻れば、特急列車くろしおに乗って大阪まで4時間、紀伊田辺まで2時間で行けます。もしくは特急南紀ワイドビューに乗って名古屋まで4時間で行けます。あるいは、和歌山にもう1~2日滞在するのも良いでしょう。田辺市、和歌山市や県内の他の場所では見どころがたくさんあります。旅行会社がたくさんあり、外国人観光客を和歌山県の最高のスポットに案内します。

もっと長めの熊野古道散策や、神聖な高野山のお寺で一晩過ごしたり、伝統的な丸太のラフティングに挑戦するのも良いでしょう。あるいは、和歌山県の南端へ行って、海でカヤックを漕いだり、ウォータースポーツに高じるも良し、自転車ツアーに参加するも良いでしょう。

外で体を動かすアクティビティ、世界遺産の神社への参拝、天然温泉に至るまで、和歌山県には期待以上のあらゆるものがありますし、日本のどこからでもすぐにアクセスできます。

Alternatively:あるいは
log:丸太
tip:先端
gear up for:準備を整える

3.まとめ、感想

ペンペン
ペンペン
ふーっ、熊野古道散策、神社お参り、温泉など、和歌山の旅を満喫したです。
コンコン
コンコン
うん。旅館の雰囲気も良かったし、川下りも楽しかったね!

本記事では、外国人向けの和歌山旅行の記事を取り上げました。今後、急遽外国人観光客のアレンジをしなくてはいけなくなった時があっても、以下の様な観点から選べばきっと喜んでもらえるのではないかと、本記事を通して感じました。

自然にふれること。例えばハイキング、温泉、星空観察などなど。
体を動かすアクティビティ。ボートで川下り、山道の散策、サイクリングなど。
日本ならではの独特の信仰にふれること。熊野古道で昔の巡礼旅を追随、お社の参拝など。

和歌山県に限らずこの様な観点で外国人の方の為に旅行のアレンジをしてあげると喜んでもらえるはずでしょう。もちろん、あなた自身のプライベート旅行にも本記事をお役立て頂ければ幸いです。

おわり

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です